インプラント埋入手術の後に気を付けたいこと

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。日常的に運動を続けている方なら、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。
リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。

毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、インプラントにして良かった点の一つです。

コメント投稿は締め切りました。